シンガー…邦楽女性編…

May j.さんは歌が上手いと思っていますが、実際はどうなの?から始まりました。個人的な感想で女性歌手について書いている私なりの応援ブログです。

「歌が上手いだけ」な歌手が売れるには?を勝手に考えてみた①…まずは現状を考えてみる…

「歌う事が好きで歌手になりたい」

歌手志望の良く聞く動機ですけど、理由なんて好きにすれば良いと思います。

そんなに甘い世界ではなさそうですけれど、結局はどの世界も甘くないので本気ならば好きなことで苦労したら良いと思います。

「一握りの人しか成功しない世界」

良く言われることですが、そんな言葉に毒されることなく自分のやりたいことに突き進めば良いと思います。

そして何の根拠もなくそう思っているならそんな考えを捨てる事から始めましょう。

そもそも何をもって成功とするか、は考えなければいけませんが。

自分なりのゴールを設定する必要はあると思います。

しかし

プロの歌手を目指す=売れる事を目指す

その考えはとても疑問です。

それは人気者になりたいと言っているのと同じで、人気者になりたいなら歌手である必要があるのか、という話でもあります。

「売れる」・「売れない」で話す事が多いですけれど、歌手を継続していくための稼ぎが必要なのは分かりますが、「売れる」必要があるとはどうしても思えないです。

周りのスタッフが潤う為には「売れる」必要があるのでしょうけれど。

プロの歌手=良い歌を観客に届ける

より多くの人から聴きたいと思われる

結果的に人気が出るのでなかったら意味がないと思います。

「メジャーデビューする方が格上のような空気感」

そういう風潮にも疑問がありますけどね。

 

プロの歌手とは?

何をもってプロの歌手と言うのか…

以前ならどこかに所属しなければ「プロの歌手」と呼べないと思っていましたが、今なら覚悟さえ持てれば勝手に「プロの歌手」と名乗って良い気がします。

どこかに所属しなくても活動出来ますし、むしろ最初は無所属で活動してある程度の実績積んでから所属する方が何かと良さそうな気もしますからね。

そう考えると「プロの歌手」になること自体はそう難しくない気がしますが、問題は続けていく事でしょうね。

活動を続けていく事が一番難しいのだと思います。

そもそも、自分の歌を聴いてもらえなければ続ける事は不可能ですけど。

・知らない状態から歌を聴いてもらう事

・継続して人に聴いてもらえる事

それがまず最初の課題ではないでしょうか。

そして、それをクリアして歌手活動で生計を立てていくのが当面の目標なのだろうと思います。

それについて考えてみました。

そう言えばファンクラブ運営コストは分かりませんでしたね…  

kmm295.hatenablog.com

kmm295.hatenablog.com

kmm295.hatenablog.com

歌手活動で生計を立てられるようになったらプロの歌手として次のステージに行けるようになると思います。

そうではなく大手に所属する事で「プロの歌手」になろうとすると、自分に商品価値があるかどうか、商品になる覚悟があるかどうか、それを考えなければいけません。 

kmm295.hatenablog.com

自分がどの方向に進むのかはよく考えて欲しいと思います。

 

アーティストを「売れる」とか「売れない」で語りたくはないですけれど、自分の良いと思った歌や好きなアーティストをより多くの人に知って欲しいです。

だから「売れて」欲しいと思う気持ちもあります。

「売れる」を最優先にして欲しくないですけど、結果的に「売れて」欲しい…

自分でもワガママな考えだと思いますが、そう考えてしまいます。

だから「売れる」について勝手に考えてみる事にしました。

 

「歌手として売れる」というのはどういう事なのでしょうか?

結局は人気があるという事だとは思いますが

「お金を払っても聴く価値のある歌」

アーティストならばそう思われての人気でなければ全くの無意味です。

では、どの程度の人数がそう思ったら「売れている」と言える状態なのでしょうか?

CDが売れていた頃はCDの売り上げ枚数が一つの目安ではありましたが、今ではそのような分かりやすい目安はありません。

知名度だったり地上波の出演数だったりと、感覚的なイメージでしか判断できないような気がします。

運営側が利益等の数値で判断できるとは思いますけど、ただのユーザーには判断できる目安はありません。

もしかしたら「売れている」と思っているのはただの幻かも知れませんね。 

そこで何か目安はないかと考えてみた結果、データとしては不足ですがTwitterフォロワー数から何か見えてくるかも知れないと思ったので調べてみる事にしました。

kmm295.hatenablog.com

あくまで参考程度でしかないですが…

本人アカウントでのフォロワー数が

宇多田ヒカルさん約260万人

山本彩さん約200万人

西野カナさん約100万人

それを見るとフォロワー数100万人越えがトップレベルの「売れている」状態なのかも知れません。

ちなみに本人アカウントでない場合は

miwaさんのスタッフアカウントの約31万人

大原櫻子さんの約27万人

Aimerさんの約23万人

もそこに近いのかも知れません。

調べた限りではフォロワー数は何となくではありますけれど、目安にはなりそうです。

大原櫻子さんは2018年8月契約満了によりアカウント削除、その後新規でスタッフアカウントを作り2019年3月時点で約2万5千人のフォロワー数+インスタフォロワー数120万人です。 

kmm295.hatenablog.com

インスタのフォロワー数も考えなければいけない気がしますけどね。

少ないフォロワー数では参考にならないですけれど、多いのは「売れる」と言えるかも知れません。

 

では、フォロワー数から

「売れる」or「売れない」の境目

を考えてみます。 

感覚的なイメージでしかないのですが、DAOKOさん・大塚愛さんのフォロワー数7~8万人がもしかしたら「売れる」「売れない」の境目かも知れないと勝手に考えています。

あくまで個人的な印象ではありますが。

フォロワー数5万人の藤田恵名さんも充分多い気がしますけど、申し訳ないですが「売れている感」は不足しています。 

kmm295.hatenablog.com

だから、フォロワー数7~8万人を目標にする…そんな単純な話でもないのでしょうね。

結果的にそれぐらいのフォロワー数になっただけ、のような気がしますから。

あくまでtwitterのフォロワー数なので参考程度でしかないのは忘れてはいけませんが…

 

「歌が上手いだけ」の歌手は世の中にはたくさんいる

そういう声は良く聞きます。

実際はどうなのでしょうか?

そう思ったのでより多くの歌手の歌を聴く事にしました。

そして現在は1,000人以上聴いていて、そんな私の体感では「歌が上手い」と言える歌手は全体の30%前後です。 

kmm295.hatenablog.com

そこから私の好みの「生歌上手い歌手」は8~9%程度でした。

女性歌手だけに限って考えてみても3~4千人は歌手がいると予測していますので、9%と考えても300~400人程度の自分が好きな「生歌上手い歌手」がいるという事になります。

数字だけ見てもどう考えても簡単に埋もれますので

「歌が上手いだけでは売れない

やっぱりそうなるのは仕方がない話です。

「売れる」為には「歌が上手い」以外の「何か」が必要なのは間違いありません。

例えば、Runeさんという聴いたら誰もが歌が上手いと感じる(と私が勝手に思っている)歌手がいます。

「生歌上手い」のは間違いないですけど、それでも「売れている」という状態になるのはなかなか厳しそうですから… 

「良い人そう」ですけれど、それはセールスポイントとは言えないですからね。

kmm295.hatenablog.com

Runeさんだけに限った話ではないですが

「上手いだけじゃ売れない」

のは確かにそうでした。

確かにそれは仕方がないのですけど、個人的に嫌なのは歌手活動をメインにしたアーティストなのにも関わらず

「下手でも歌手として売れている」

それなのに

「上手い歌手が埋もれている」

という状態にしか日本の音楽業界が見えないところです。

売れている人の歌唱力が全て低いとは思っていないですが、少なくともアーティストと名乗っているのにも関わらず

素人でも下手だと断言できる歌手がいる

その状態がとてつもなく残念だと感じています。

その状態を崩してくれる「生歌上手い歌手」やレーベルが出現してくれることを祈っていますが…

 

Runeさん売れてくれ

おっと、心の声が…

 

とにかく「生歌上手い」だけでは「売れる」事は難しいのは間違いないです。

だから「何かしらのセールスポイント」を手にしなければいけないと思いますが、それだけで済むような単純な話でもなさそうです。

ちょっと考えただけでも乗り越えなければいけない問題がいろいろありそうです。

 

①大手レーベルのゴリ押し問題

・ゴリ押しされる側になった場合

頑張って大手レーベルに所属できたとします。レーベルの方向性と本人のやりたい事のバランスが取れないと長続はきしませんし、自身の個性を活かせる楽曲が提供されるとも限りません。知名度が高くなってもレーベルと本人の関係が上手くいかない場合、最終的には「移籍」か「活動休止」の可能性が高まります。1,000人以上の歌手を調べてみてそう感じています。大物歌手やアイドルの活動休止もあったので、見当外れな話ではないと思っています。

・ゴリ押しされない側の場合(大手以外に所属など)

大手の力に前にメディア出演する機会は皆無でチャンスは転がってはいません。メディアに出演する為に名前を売らなければならないというのが今の時代ですので、メディア出演で名前を売る事はあり得ないです。SNS等で拡散したくなるような活動を地道にやっていきながら自分なりの活動方法を見つけていくしかありません。「無視できない存在」になるしかありません。

 

②歌姫・天才がいっぱい問題

歌姫・天才が多い世の中なので、歌姫・天才と言われても何のアピールにもならないです。むしろ安っぽく見られて逆効果だと思っているのですが、それでも歌姫・天才という言葉が軽々しく使われています。なかなか本人では防げないですが、そう呼ばれた場合は初見でガッカリされない「センス」を磨くしかありません。何のセンスかは自分との相談ですけど、一度ガッカリされてしまうとただでさえチャンスが少ないので挽回するのは大変そうです。

類似:実力派

 

③某女性アイドルグループのおかげで女性歌手枠が激戦しているのに、それに加えて声優も強かった問題

アイドル全盛の今は女性歌手の入り込める枠は当然少なく、その少ない枠の中で争わなければならないので激戦必至です。その上声優もなかなか強いのでさらにチャンスがさらに減っています。だからこそ数少ないチャンスで観客の心を掴む「セールスポイント」が必要になってきますが、残念ながら「生歌上手いはセールスポイントにはならない」という事です。自分の得意とするところを磨くのはもちろんですが、それとは別な「何か」が必要です。そもそもアピールするチャンスがかなり少ないので、それを踏まえた「短時間で心をつかむ何か」でなければいけないです。もしかしたら歌に全く関係無いポイントで争う破目になるかも知れません。アイドルと声優はすでに「何かしらのセールスポイント」を持っていますので、それに対抗するものが必要です。競うのか共存するのか、その判断も重要です。

 

④某男性アイドルグループと某男性パフォーマンスグループのおかげでさらに枠が減少問題

アイドル乱立+声優の影響で少なくなった女性歌手枠をさらに減らす存在がこれです。直接的に対抗する事は不可能であり、下手に共存しようと中途半端な絡み方をすると、ファンに嚙みつかれて致命傷を負いかねないのでそれも難しそうです。本人の努力でどうにかなる問題ではないかも知れませんが、無視できない存在です。なお、女性歌手として売れようとするならば、女性ファンを増やす事は必須です。そういう意味では某男性アイドルグループか某男性パフォーマンスグループのファンを取り込む事も視野に入れても良いかも知れません…問題はその方法で、その方法が簡単に見つかれば苦労しないですけどね。

例:○○のファンだけど女性歌手なら△△が好き

※ちなみに…私の娘がHey!Sey!Jump!のファンですが、丸山純奈さんを絶賛していますのでそのパターンはありそうです。

 

⑤「歌は下手でもいい」と結局はルックスが大きな武器になってしまう問題

世の中やっぱりルックスには影響を受けてしまい、好みのルックスで勝負が決まる…そうなってしまうのが現実です。もし仮にルックスが良い場合は、それを利用するのは一つの手段ですが、気を付けなければいけないのは「アイドル化する事」です。それを本人が納得していればよいのですが、やっぱり「アーティストでいたい」場合は注意が必要でしょうね。やっている事と、やりたい事のズレは後々のトラブルになりかねません。アイドル化したくないなら、安易にルックスを武器にせず、ルックスに影響されない歌唱力と、自身の「セールスポイント」を磨き続ける必要があるでしょう。

例:谷村奈南さん…本人の希望は歌手だったがグラビアの需要が多くメインの仕事に 

 

⑥楽曲の販売方法問題 

kmm295.hatenablog.com

知名度を上げる事も大切ですが、楽曲を売る手段も考えなければいけません。

既にCDを買う事は特別な事です。

そこを前提として考えていく必要があり、音楽配信やストリーミングを上手く利用して稼ぐ方法を考える事がまずは必須です。ライトユーザーとしての意見からすると、CDで「必死に」利益を得ようとする姿は時代に合っていないし滑稽にしか見えません。「楽曲」に価値があるのであって、それを聴く為の手段がCDかどうかは関係ないのです。しかし、CDは全く無価値かというとそうではありません。CDの価値は消えたわけではなく、過去とは違った価値になったのだと感じています。それを踏まえた売り方を考えなければいけなくなったのに、その変化に対応していないのだと思います。今のCDは聴く為のメディアとしてだけではなく、有効なコミュニケーションツールや名刺代わりに利用できます。もっと別な活用方法もあるかもしれません。製作数量やコストを加味しなければいけませんが、どう活用するかを考えながら販売する必要があります。自分の表現したい事がどの層に受け入れられるのか、「販売ターゲット」や「販売方法」を考える必要があり、「良い音楽や歌」を提供するのは前提ですが、それを「誰」に「どのように」届けるのかを細かく考える必要があると思います。

ちなみに「CDは欲しくならない」私がCDを購入しましたので参考までに… 

kmm295.hatenablog.com 

kmm295.hatenablog.com

CDの価値は変化したのは間違いないですけど、価値がなくなった訳ではないと実感した出来事でした。
CDが届いた時は嬉しかったですから。

今までの感覚から脱却しなければならないとは思いますが、今の時代に合った売り方が見つかれば、利益を上げる事が出来そうな気はしています。

CDバブル期のような幻想は捨てないといけないですけどね。 

  

では、①~⑥と考えてきましたが、結局は何をするかという事です。

 

「何かしらのセールスポイント」は必須な事は間違いないです。

それが「何か」は自分一人で探す必要はないけれど、今まで生きてきた自分の中にしかないと思っています。

外から見つけてきたものが悪いかどうかは分かりませんし、それを自分の中で昇華できるならそれでも良いとは思いますが、作った自分を演じる結果になるのであればそれは違う気がします。

いずれにしても簡単に見つからないと思いますけど、「何かしらのセールスポイント」が無いのはマイナス要因であることは間違いありません。

「人々を魅了する声質」があればそれを活かした戦略を取るのが一番なのは明らかですが、自分の声が人々を魅了するかどうかはコントロールできるものではありません。

だから

コントロールできない事は無いものとして考える

しかないです。

もちろん、ルックスも同じです。

それを踏まえつつ、歌唱力を磨く事は前提として+αのセールスポイントを身に付ける事が最優先です。

歌が上手いだけじゃ売れない

歌が下手でも売れているのは業界が悪いと思いますけど、それが改善されても上手いだけで売れるほど単純でないのは変わらないですから。

 

もう一つ重要な事は

神曲を歌える歌手になる

だと思います。

曲は非常に重要な要素で強い武器です。

武器を手に入れる事ができなければスタートラインにすら立っていないと思います。

では、その曲をどうやって手に入れるのか…

良い曲の提供を受ける事ができればそれで良いでしょうけど、他者から提供してもらえるのはそう簡単ではないと思います。

だったら自分で曲を創る

それがアーティストでしょうね。

聴いてもらう事も簡単ではないですが、曲さえ出来てしまえば何かしらの手段がある世の中です、SNS等をフルに使って何とか世に知らしめましょう。

昔よりは発見してもらえる確率は上がっています。

なお、私は全く知らないところからこの2曲を発見しました。 

「Ray Of Lighe」  

Ray Of Light

Ray Of Light

  • COSTA
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 「この花が枯れる前に」

この花が枯れる前に

この花が枯れる前に

  • ルネ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

私が名曲だと思っている曲です。

世間がどう感じるかという問題はありますけど

この2曲はぜひ聴いて欲しいです。

なお、ここを読んでいるという事は少なくともこの2曲が目に入ったという事で、聴いてもらえるかどうかは別にして少なくとも知ってもらった、という事です。

つまりそれは少なからず広がりを見せているという事でもあります。

まあ、告知力があればもっと拡散スピードは速いのでしょうけど、少なくとも「誰かに良いと思ってもらえる」ということは多かれ少なかれ広がりは見せるという事です。

 

ちなみに老婆心ながら…恋愛ソングに手を出すなら相当な覚悟が必要そうです。

競争が激しいのはもちろんですが、

かなりの強敵ぞろいです。 

私が考える「恋愛ソング」のトップ(個人的感想)。

西野カナさん  

GO FOR IT !!

GO FOR IT !!

  • 西野 カナ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

「恋愛ソング」と入力しただけで「西野カナ」と出るってやっぱり凄いですね。

これが正に「売れている」状態だというのを見せつけられました。 

巷にあふれている恋愛ソングに自分なりのオリジナリティでどう立ち向かっていくか、どう共感を得ていくか、そこの勝算が見えていない限りは手を出すのは危険です。

女性の共感を得る事はかなりの武器になりますが、恋愛ソングで共感を得るのはかなり厳しい印象です。

…とは思っていましたけど、2019年2月に西野カナさんが活動休止を発表した事により、流れが変わりそうです。

kmm295.hatenablog.com

むしろ

恋愛ソングは今がチャンス

かも知れません。

「売れる」ならこのチャンスに敏感になる事も必要ですし、恋愛ソングに手を出すのならばその嗅覚は必要だと思います。

 

それで思ったのですけど…

「みんなで曲を創る」

そういうのはどうでしょうか?

プロ・アマ・素人問わず一般人参加型の曲創りです。

著作権は歌手側

・作詞・作曲・編曲全て参加者と歌手本人

・曲の売り上げに応じて参加者に何かしらのメリット

例:イベントの優先参加権やCD先行販売など

・出資も募る

もちろん完成した曲の扱いは他の曲と同様で、もちろん通常通りに販売してライブでも歌います。

確かにいろいろ予期せぬ問題が多々あると思いますけど、もし完成したらそれこそ想い入れが違う曲になると思うんですよね。

「生みの苦しみ」のリスク分担もできますし、「ファンだけどこの曲嫌い」って言われる事も減らすこともできますし、良いことが多い気がするのですけど。

意外な才能に出会えるかも知れません。

アーティスト同士が協力しての曲創りも良いかもしれませんね。

出来た曲はお互いの共通曲にするのか、相性を考えて曲を譲り合うのか、そこは話し合いで決めればよいと思いますが、思いもよらない化学反応が起きるかも知れません。

告知に関しても輪が広がりそうな気もしますしね。

キーワードは「参加型」

それも一つの手段です。

まとめるのが難しいとは思いますけど、ファンが少ないうちならやる価値はありそうです。

ファンが増えたら「一言ワード」だけ募集しても良いかも知れませんね。

自分の送ったワードが使われている、それが世に流れている…

考えただけでもテンションが上がります。

 

いずれにしても方法はどうあれ「オリジナル曲」にこだわる国民性です。

「戦える曲」を少しでも早く手に入れる必要があり、手に入れてからがやっとスタートラインです。

歌手活動を始めただけではスタートラインには立っている訳ではありません。

 

では、勝手に考えてみた②へ。 
kmm295.hatenablog.com