シンガー…邦楽女性編…

May j.さんは歌が上手いと思っていますが、実際はどうなの?から始まりました。個人的な感想で女性歌手について書いている私なりの応援ブログです。

「歌が上手いだけ」な歌手が売れるには?を勝手に考えてみた③…月額300円のファンクラブ…

今回は日本の人口から考えてみます。

 

日本の人口:約1億2,649万人

15歳未満の人口:約1,559万人

16歳以上~74歳までの人口:約9,342万人

75歳以上の人口:約1,748万人

※2018年8月時点

 

その数値を元に音楽ファンがどのぐらいいるのか、このサイトの2017年度のアンケート結果から予測してみる事とします。 

www.riaj.or.jp

16歳以上~74歳までの人口の約9,342万人で考えていきます。

音楽に興味がある人の割合は73.9%→約6,904万人

音楽にお金を使う人の割合は40.6%→約3,792万人

となりました。

興味がある人は7割以上と思ったより多い印象です。

 

音楽にお金を使う人の中でJ-POPファンの割合は推定45%→約1,706万人

(16歳以上~74歳の人口の中でお金を使うJ-POPファンは推定18.3%)

ネットの情報から推測した人数です。 

 

そこで女性歌手が4,000人と仮定します。

どこからを歌手とするのか明確なラインは難しいですけど、プロの歌手として積極的に活動をしているだろうと思われる人を想定しています。

※アイドル・声優を含む。男性歌手や男性アイドルとは競合しないと考えます。 

なお、仮定している人数を4,000人としている理由です。 

kmm295.hatenablog.com

※根拠も薄いのは薄いですけど4,000人と仮定すると、日本の16歳以上~74歳までの女性の人口に対しては1/10,000人以下…感覚的にそこまで的外れでもない気がしますが。

 

そこから売り上げの期待値を考えてみます。

ファン1人が音楽に使うお金を平均月額3,000円とします。

これもネット情報より設定しました。

ファン1人がアーティスト10人のファンになると仮定すると、1人につき月額300円使用する事になります。

16歳以上~74歳までのお金を使うJ-POPファンは推定1,706万人

4,000人に平均的にファンが付くと仮定すると1人4,265人

ファン1人がアーティスト10人のファンになり、そのうち女性歌手は半分の5人だと考えますので、女性歌手1人に対して21,325人の「お金を使うJ-POPファン」の獲得が期待できそうです。

※実際はその数字の奪い合いになっていると思いますが…

 

ファン1人がアーティスト1人に月額300円使用の場合

21,325人=639.5万円

4,265人=128万円

300人=9万円

 

ファン1人がアーティスト1人に月額500円使用の場合。

21,325人=1066.3万円

4,265人=213.3万円

300人=15万円

 

月額250円使用(iTunes1曲250円)の場合

21,325人=533.1万円

4,265人=106.6万円

300人=7.5万円

 

なお、全体の40.6%がお金を使う音楽ファンで、お金を使わない音楽ファンが33.3%とアンケートから。

つまり、音楽ファンの中の割合は

54.9%がお金を使う

45.1%がお金を使わない

となります。

※ファンが100人いた場合は55~56人がお金を使うファンだと考えられます。

お金を使ってくれる自分のファンが21,325人=自分のファン38,844人必要

お金を使ってくれる自分のファンが4,265人=自分のファン7,768人必要

お金を使ってくれる自分のファンが300人=自分のファン547人必要

 

逆に4,000人の中から5人のアーティストを1人のファンは選ぶと考えますので、アーティストが1人のファンを獲得する確率は最低1/800となります。

これをファン獲得率と呼ぶことにします。

 

ここでもう一度おさらいです。

音楽に興味がある人の割合は73.9%→約6,904万人

音楽にお金を使う人の割合は40.6%→約3,792万人

音楽にお金を使う人の中でJ-POPファンの割合は推定45%→約1,706万人
(16歳~74歳の人口の中でお金を使うJ-POPファンは推定18.3%)

音楽ファンの割合は

54.9%がお金を使う

45.1%がお金を使わない

平均的にファンが付くと女性歌手1人に対してお金を使うファンが21,325人

1人のファンが1人のアーティストに使用する月額平均は300円

 

これを踏まえて日々の歌手活動の具体的な目標を考えます。

 

歌手活動で生計を立てる事が歌手としての最初の目標になると思いますので、その為に必要な売り上げの金額がいくら必要なのかを設定します。

ここでは分かりやすく考える為に月100万円の売り上げ目標で考えてみます。

  

ファン1人の使用金額300円の場合

お金を使ってくれる人:3,334人

自分のファンの総数:6,073人

6,073人のファンを獲得する為に必要な人数(音楽ファン以外も含む)

ファン獲得率が1/1の場合

音楽ファンの45%がJ-popファン→音楽ファンが13,496人の人数が必要

音楽ファンは全体の73.9%→18,262人の人数に知ってもらう必要があります。

つまり

ファン獲得率1/800:約1,461万人

ファン獲得率1/400:約730.5万人

ファン獲得率1/100:約182.6万人

ファン獲得率1/50:約91.3万人

ファン獲得率1/10:約18.3万人

6,073人のファンを獲得する為に知ってもらう必要がある人数になります。

※あくまで目安です。

 

ここから分かるのは、多くの人に知ってもらう事はもちろんですが、ファン獲得率を上げる事がかなり重要だという事です。

ファン獲得率が1/100以上を目指すことが一つの目安になりそうです。

自分の経験から考えると700人程度から10数人の歌手が好きになっていると考えると、ファン獲得率は1/50~1/70が現実的な数値かも知れません。

仮にファン獲得率を1/70としてファン1人の使用金額を月額300円平均とし、売り上げ目標を月間100万円とした場合は、月間127.8万人の人に知ってもらうことが必要になります。

簡単とは言えないですがSNSが発達した今なら、そんなに非現実的な数字ではない気がしています。

  

ファン獲得率を上げる

より多くの人に知ってもらう

そこが大前提としてあります。

そして、ファンを継続する事が負担にならないように、ファンが使用する金額の単価を上げる事は初期段階では優先しない方が良いでしょう。

 

そこで私が入会しているファンクラブの話になります。

入会金なしの月額300円で入会できます。

月額300円と正に今までの流れそのままの話で、新規入会も継続するのもとても気軽に出来ています。

だから、ファンクラブの人数を増やす事を目標にするだけで良く、とてもシンプルに考えられるので分かりやすいと思います。

より多くの人にファンクラブに入会してもらえば、安定した売り上げでの歌手活動が見込めますし、ファンにとっても金銭的負担も軽く他アーティストのファン活動と気軽に併用できる優しいシステムです。 

www.onitsuka-chihiro.jp

最新シングル 

ヒナギク

ヒナギク

  • provided courtesy of iTunes

 

thesplay.jp

最新シングル 

スウィートアウトサイダー

スウィートアウトサイダー

  • provided courtesy of iTunes

ファンクラブに入会している状況でシングル単曲でも購入すると、月額300円+250円=550円になります。

これですでに平均は超えました。

月額300円の売り上げを定期的に提供しているという事は、ファンとしてはノルマ達成なので、純粋に欲しいものを好きなだけ購入すれば良いという話になります。

こういう気軽にファンクラブに入会できるのはライトなファンにはありがたいです。

 

それでは、せっかくなのでファンクラブに関して調べてみようと思います。

 

鬼束ちひろさん 入会金なし 月額300円(年間3,600円)

THE SxPLAYさん 入会金なし 月額300円(年間3,600円)

家入レオさん 入会金なし 月額300円(年間3,600円)

Little Glee Monster 入会金無し 月額300円(年間3,600円)

 

シシド・カフカさん(モバイル限定?) 入会金無し 月額300円(年間3,600円)

Aimerさん(モバイル限定?) 入会金なし 月額300円(年間3,600円)

 

安室奈美恵さん 入会金 2,000円 年会費250円 申込手数料350円

MISIAさん 入会金500円 年会費4,500円 支払手数料0~216円

miwaさん 入会金1,000円 年会費3,000円 郵送費or手数料216円

倉木麻衣さん 入会金1,000円 年会費3,000円 手数料0or300円

May J.さん 入会金1,000円 年会費7,000円 手数料200円

きゃりーぱみゅぱみゅさん 入会金1,000円 年会費4,000円 手数料100~400円

西野カナさん 入会金なし 年会費新規5,350円・継続4,300円

中川翔子さん 入会金なし 年会費4,000円 別途手数料

 

fumikaさん 無料?アプリダウンロードでポイントを貯めてポイントに応じて特典

 

宇多田ヒカルさん ファンクラブなし

Anlyさん ファンクラブなし?

Runeさん ファンクラブなし?

コハクノアカリ ファンクラブなし?

米津玄師さん ファンクラブなし

 

EXILE TRIBE 入会金なし 年会費4,000円 手数料206円

ジャニーズ(グループ単位) 入会金1,000円 年会費4,000円 支払手数料140円

ももクロ 入会金1,000円 年会費4,200円 システム手数料500円

AKB48 入会金1,000円 年会費480円 システム利用料150円

 

ハロプロ

ジュニア会員(小学6年生以下) 入会金無し 年会費1,500円

一般会員 入会金1,000円 年会費5,100円

スペシャル会員(クレジットカード発行)

 入会金1,000円 年会費6,300円 カード年会費1,250円

スペシャル会員(クレジットゴールドカード発行)

 入会金1,000円 年会費6,300円 カード年会費10,000円

 

花とポップス…レーベルのファンクラブ

クラウドファンディング形式でレーベル所属アーティスト全てまとめて

入会金なし 月額1,000円~15,555円(年間12,000~186,660円)

 

ぱっと思いつくままに探してみましたが、いろいろあって面白かったです。

でも、やっぱり

入会金なし+月額300円プランが良い気がします。

クレジット決済かキャリア決済とか決済方法に限りはありますけど、「毎月たったの300円」という気持ちでいられるのがとても良いです。

たった1人のアーティストだけのファンではいられない、私みたいな人にはかなりちょうど良いです。

今はそんな人が多い気がしますけど。

 

認知度を上げる

→ファンクラブ入会(入会金なし+月額300円プラン)

→楽曲&グッズ販売+ライブ等で+αの利益

その流れにこだわるのはアリな気がしますが…

 

④へ続きます。 

kmm295.hatenablog.com