女性シンガー評価…超個人的主観…

May j.さんは歌が上手いと思っていますが、実際はどうなの?から始まりました。私の個人的な主観で女性歌手を評価するブログです。マイナーだけど生歌が上手い歌手を見つける事に喜びを感じています。

久しぶりにCDショップへ行ったが買う気が起きなかった話

先日、何年かぶりにCDショップへ行ってきました。

結局、何も買いませんでした。

昔はCDショップで物色中はワクワクしたものですが、今は「何か違う」感じしかしなかったです。

いろいろと物色しましたが買いたい気持ちには至りませんでした。

 

ああ、そんな時代かな…と。

 

昔はCDの収録曲を見てどんな曲かな?とワクワクしたものです。

しかし今は、知らない曲に対する不安感の方が強かったり、知っていても好きな曲の割合が少なければ、それはそれで購入意欲が湧きません。

 

結果、好きな曲だけダウンロードでいいや…になります。

iTunes等でダウンロード出来る今、私にとってCDで買う理由は何でしょう?

握手券等のCD特典的なものは絶対に要りません。

私は音楽を聴きたいだけなんです。

そして好きな歌手の歌なら何でも良い訳ではなく、自分の好きな曲だけ聴きたいです。

 

そういえば…そもそも家にCDプレーヤーなんてなかったような…?

以前はあったけど使用しなくなって…そのまま処分したんでしたっけ?

CDは車でしか聴けなかったような…???

そもそもCDプレーヤーを子供にせがまれた事は一度もなく、CDをPC→ipodへと取り込んでいた時期もありましたが、それすらもなくなりました。

 

ああそうか…私にはCDを買う理由が無かったんですね。

これがCDが売れなくなってきた要因の一つなんでしょう。

 

これではCDを買うはずもないです。

私はもしかして今後CDを購入することはないのかも知れません…

 

CDをたくさん持っている事に価値観があった時代はもう過去の話。

それは何となく感じていました。

今まではCDを購入していた人の中で、ある一定の割合が配信音源に流れているだけと思っていましたが、どうもその認識は違うようです。

実際自分でCDを購入しようとして気が付きましたが、曲を聴こうとするだけではCD購入の動機としては弱い時代になったように思えます。

だから握手券付けるのですね…

だから○○券付けるのですね…

 

私は好きな曲だけが欲しいのでダウンロードで充分です。

それにアルバムも欲しいとは思わなくなりました。

好きな歌手でもアルバム全曲が好きなわけではなく、聴かない曲もあります。

BGMとして流し聴きする為にCDを掛けっぱなしにする時はありますけど…やっぱり聞きたくない曲を聴くのは苦痛です。

今はスマホに保存して聴く事を考えると、曲数が多くなったらPCに保存して、必要な時に入れ替えれば充分かな、と思っています。

本当に保存するならそこから別メディアに保存すれば良いですしね。

それでも保存用に購入しても良いかも知れないとは思いますが、それは本当に特別なCDでない限り購入まではいかないと思います。

  

それとは逆にDVDなら需要はありそうな気がします。

音源と同じくダウンロード出来ますけど、やっぱり大きな画面で見たい人いるでしょうし、容量の問題もあるのでDVD保存の方が都合が良さそうです。

だから昔に比べてDVD販売スペースが増えた気がしたのは、そういう事なんでしょうか?

そういう私も、遠出してまでライブに行くだけの時間もなく、ライブに行ける機会はかなり限定的ですので、ライブDVDは購入したいと思っています。

 

そのうち曲をCDで売る事はメインではなくなる気がしていますが、歌手側のCD製作する目的は何でしょうか?

やっぱりCDが○○枚売れた事が何かしらの目安になるのでしょうか?

何となくCDを「頑張って」販売している印象を受けるのですが、どうなんでしょうか?

…とここまで書いてネット環境がない人向けには必要かなと気が付きました。

そしてCDを廃止しないという事は、製作にあたりある程度の販売数が必要という事でしょう。

まあ、実際CDを継続しても廃止しても自分の行動にはあんまり影響しないですけどね。

久々にCDショップへ「購入するつもり」で行ったのにも関わらず、何も買わないだけならまだしも、「多分しばらく行くことはない」って思ってしまったことが悲しかったのです。

 

以下、文章にするとくどくなりそうなので箇条書きにて…

・CD・DVDセット販売は不要…CDが不要

・路上ライブでならCD販売は意味アリ

・CDはレンタルで充分

・曲はバラ売りが良い

・シングル・アルバムはもう関係ない

・歌手は動画再生で稼ぐ=you Tuber???

 

まあ、どうでも良い話でしたね。