シンガーを探してみた…邦楽女性編…

May j.さんは歌が上手いと思うけど他はどうなの?から始まった、個人的な感想で書いている私なりの応援ブログです。

鬼滅の刃にハマった流れで椎名豪さんについて調べてみた…番外編…

ここしばらく漫画やアニメや映画に無縁の生活をしてたのですが、2020年5月の自粛期間中に鬼滅の刃のアニメを見たことに始まり、ついには2020年10月公開の劇場版「鬼滅の刃」無限列車編を映画館で観るまでにハマりました。

その劇場版「鬼滅の刃」無限列車編で本編の内容は感動したのはもちろんですが、LiSAさんの「炎」と本編の音楽にも感動して、その音楽の監修が椎名豪さんと梶浦由記さんということで作曲と編曲する人にも興味が湧いてきました。 

梶浦由記さんは別な方面でも知っていたので記事を書きましたので、だったら今度は椎名豪さんも…と思い調べてみることにしました。

kmm295.hatenablog.com

なお、椎名豪さんと言えばこの曲から名前を知ったような気がします。

那田蜘蛛山編のヒノカミ神楽のシーンで流れていたのは正に神でしたね。

竈門炭治郎のうた

竈門炭治郎のうた

  • 椎名 豪 featuring 中川奈美
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

レコード大賞で特別賞を受賞していたんですね…レコード大賞には興味がなかったので知らなかったです。

www.barks.jp

 

ということで検索してみたところ…

twitterアカウント

twitter.com

「1974年5月16日生まれ、埼玉県出身の作曲家。本名は椎名豪(しいな・まさる)。97年にナムコへ入社し、2005年にRPGゲーム『テイルズオブレジェンディア』の音楽を担当。以降『ゴッドイーター』をはじめ、数多くのゲーム楽曲を制作。2011年からは『アイドルマスター』作品の音楽制作にも携わる。2017年9月にバンダイナムコスタジオを退社し、以来フリーランスで活躍。2019年には梶浦由記とともにアニメ『鬼滅の刃』の音楽を担当。」

tower.jp

あとはwikiのページです。

ja.wikipedia.org

…というか「椎名豪」で検索すると、「鬼滅の刃」関連ばかりが出てきてしまうのは致し方なしでしょうね…

www.youtube.com

 

鬼滅の刃の他にはゲームでは太鼓の達人や鉄拳の音楽にも携わっていたんですね。

アニメに詳しくない私でも知っている「Fate」にも少しだけ関わっていたようです。

Fate/Grand Order × 氷室の天地~7人の最強偉人篇~」

「2017年12月31日に『Fate Project 大晦日 TV スペシャル 2017』にて、長編アニメ『Fate/Grand Order -MOONLIGHT/LOSTROOM-』(フェイト・グランドオーダー ムーンライト・ロストルーム)、『Fate/stay night』のスピンオフ4コマ漫画『氷室の天地 Fate/school life』とのコラボレーション作品『Fate/Grand Order × 氷室の天地 〜7人の最強偉人篇〜』が放送された。また、事前告知にはないサプライズとして、2018年からひと月に1回配信されるアニメ『衛宮さんちの今日のごはん』の第1話が番組内で放送された。」

2017年の大みそかに放送したスペシャル版のようです。

他にもたくさんゲームやアニメがあるのですけれど、詳しくないので作品の事は正直良く分かりません。

なお、椎名豪さんの名前が分かるサウンドトラックはこれしか見つけられませんでした。

www.lantis.jp

ちょっと聴いてみましたけど…サウンドトラックを聴きながら記事を書くのもなかなか良いものですね。

特にこの2曲は印象に残りました。

襲い来る自らの敵

襲い来る自らの敵

  • 椎名豪
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
ブローカーとエンジニア

ブローカーとエンジニア

  • 椎名豪
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

でも、聴いているとゲームやりたくなってきましたね…もうゲームは卒業した身ですが… 

 

あと全く系統が違いますが

『第71回NHK紅白歌合戦 石川さゆり天城越え」(2020年)編曲』

というのを見つけましたがこれには何とも言えない驚きが…

さらに言えば、石川さゆりさんのyouTubeチャンネルがあったのにもびっくりです。

www.youtube.com

 

今まであんまり作曲家に注目した事がなっかたですが、こうやって調べてみるとなかなか面白いものですね。

作曲家を積極的に調べてみる事はあまりないかと思いますけれど、今後は今までよりは気にするようになった気がします。

そして気になる人がいたら調べてみたいですね。