シンガーバンク…邦楽女性編…

May j.さんは歌が上手いと思っていますが、実際はどうなの?から始まりました。個人的な主観で女性歌手について書いている私なりの応援ブログです。

THE S×PLAYさんの歌とセンスに病みつきになる

最近THE SxPLAYさんの曲が聴けば聴くほど好きになってきています。

最初は見逃していたんですけどね… 

まずはこちらの過去記事を読んで頂けると幸いです。

kmm295.hatenablog.com

THE SxPLAYとして活動していた時期と、菅原紗由理と活動していた時期を、まったく区別して聴いていなかったので、中途半端な評価しかしていませんでした。

だから、始めは特別気になる歌手ではなかったです。

やっぱりメジャー時代の曲は好きにはなれなかったですから。

それが何気ない検索から

「メジャーを辞めてインディーズで再デビュー」

にたどり着きました。

storys.jp

このストーリーをSTORY.JPで見つけて、読んでみたら一気に応援したい気持ちになりましたね。

でも、その時点では歌の印象をすっかり忘れていましたので、メジャー時代とメジャーを辞めた後の曲を区別して再度聴いてみる事にしました。

やっぱり、応援したい人生ではありますけど、どういう歌を歌うのかは重要です。

聴きたくなる歌を歌う歌手でなければ応援できませんから。

 

結果、余計な心配でしたけど。

 

「キミが残した世界で」

キミが残した世界で

キミが残した世界で

  • provided courtesy of iTunes

この曲がまず好きになりました。 

しばらくは、この曲だけ聴いていれば充分で、ついつい何度も聴いています。

なかなか悲しい曲なんですけどね…

 

「僕はロボットごしの君に恋をする」 

僕はロボットごしの君に恋をする

僕はロボットごしの君に恋をする

  • provided courtesy of iTunes

こっちの方も好きです。

最初はファルセットが若干???って思いましたが、それも一回だけです。

そのうち病みつきになって、むしろ今ではそこがすっかり好きになっています。

感性が本当に素晴らしく、聴けば聴くほど好きになる私がいます。

 

そして、これはいける、そう思いましたのでいつものように高校生の娘にも聴いてもらいました。

今回の感想はいつもとは違い

「この曲好き」

という反応でした。

私が好きな曲を娘が気に入ったのは初めてなので、逆にびっくりです。

わが娘とは言え、おススメしたものを好きになってもらえるのは嬉しいものですね。

もちろんメジャーを辞めてインディーズでデビューした話もしたら、

「それってカッコいいね」

と、かなりの好感触です。

せっかくなので友達に拡散してってお願いしたら、快く引き受けてもらえました。

twitterも即フォローしてもらいました!

影響力があまりない私に比べて現役のJKです。

多少なりともTHE SxPLAYさんの認知度を上げてくれる事は期待できるかな?

なんて思っています。

 

ちなみに結構どうでも良い話ですが…

HPのトップ画のTHE SxPLAYさんが、どうしても若かりしの観月ありささんに見えてしまいます。

それって私だけですか?

thesplay.jp