女性シンガー評価…超個人的主観…

May j.さんは歌が上手いと思っていますが、実際はどうなの?から始まりました。私の個人的な主観で女性歌手を評価するブログです。マイナーだけど生歌が上手い歌手を見つける事に喜びを感じています。

娘がHey!Sey!Jump!のファンクラブへ入会して思った事

「お金を稼ぐこと」をもっとうまくやればいいのに、と思わせるアーティスト…というよりレーベルや事務所がちらほら。

個人的にはやり方の是非はどうでも良い。

作品とかパフォーマンスと天秤にかけた時に許容できるかどうか問題であって、それが嫌ならファンを辞めれば良いだけの話。

そもそもファンって何?って話にもなるのだけど。

「お金を払わない人はファンじゃない」って言った人もいましたね。

そう思うのは勝手。

けしからん、とも思わない。

でも、印象としてはどうかな?

少なくとも良くないんじゃないかな?と。

私には印象悪く見えます。

お金を稼ごうとするのは当たり前の話だけど、それを如何に「お金儲けじゃない」風に見せるのが腕の見せ所なのでは?

「お金儲けに必死」という印象を持たれても良いことは何もないのに。

 

私が考えるに

ファン≠顧客

ファン=好意を持ってくれる人

顧客=お金を使ってくれる人

ファンは顧客にも成りうる

ファンでなくても顧客に成りうる

だと思っています。

まあ、明確にする必要があるかどうかは分かりませんけどね。

 

そんな事を考えている中で娘がHey!Sey!Jump!のファンクラブへ入会した。

第一印象としてはものすごくリーズナブル。

入会金1,000円年会費4,000円(税込み)だって。

あのジャニーズがだ。

私の中では

「あのジャニーズだからそれなりに高いはず」

って勝手に思ってた。

ちなみに…

会員特典

・会員証

・会報(不定期発行)

・コンサートチケット他優先申し込み

・メール伝言板サービス

実際はこれから娘にどんな特典があったかリサーチしてからの話になるけど、ネット情報で確認した限りではこんな感じ。

このシンプルさにも好感を持った。

「あのジャニーズのファンクラブに入会金1,000円と年会費4,000円で入会できる。」

そう思えるだけでかなりのお得感がある。

一般でチケット入手の困難さが際立つジャニーズではライブへ行こうと思ったら、ファンクラブ入会は必須。

その為に入会したと言っても過言ではないのに、会員特典まであるのはどう考えてもお得に感じる。

ジャニーズに無関心な私が「お得に感じる」って相当だと思う。

 

「ジャニーズってやっぱりレベル高い」

 

年末のライブに行った話を聞いた時もそうだが、そう実感してしまうのも仕方がない。

全然詳しくないのでイメージでの話になってしまうが、全く問題が無いとはもちろん思っていない。

けど、それでも「さすが」って思う。

 

Hey!Sey!Jump!ライブ当日

グッズ販売:10時開始

開演(入場?):18時~

東京ドームまで自宅から:2時間半の道のり

娘が家を出た時間:朝5時

娘曰く、グッズが売り切れるのが怖いので出来る限り早く並びたい、との事。

帰宅は24時ぐらいだったかな?

Hey!Sey!Jump!の東京ドーム公演だからやっぱり気合入るし、そんなスケジュールにもなるよね。

なお、東京ドームでのチケット代7,000円もリーズナブルだと思った。

高校生の娘の感覚ではどうなのかは知らないけど。

ちなみに…

電子チケットで本人確認して席は抽選。

ステージに近い席になる可能性もあるし、3階席になる可能性もある。

転売防止の為に入場してみないと席がどこになるかは不明。

それでも確かに遠い席になったら…ってのはあるが、ステージも工夫しているので「どの席にも良し悪し」がある。

客観的にみるとかなり公平だ。

 

正直私はメジャーレーベルにはあまり良い印象は持っていない。

今まで見てきた印象では、アーティストの扱いが良くない事の方が多いからだ。

だから、インディーズやフリーで活動している歌手の方を応援したくなることの方が多い。

でも、それでもメジャーには見習うべきところは多々あり、娘がHey!Sey!Jump!の本格的なファンになっていくのを見て特にそう思う。

ただ…アイドルは良いと思うけど、アーティストがメジャーデビューはちょっと疑問はある。

アーティストこそインディースやフリーで活動した方が良さそう。

純粋に作品やパフォーマンスで勝負して欲しいと思うが、メジャーだとそれが困難だと思うレーベルがあるからだ。

あくまで個人の意見で何の勝算もない話だけど。

でも、地道に活動した結果、より多くに人に認知されるのがアーティストだと思う。

人気者になろうとするのはアーティストとはとても思えない。

アーティストというならば自分の表現を追求して欲しくて、それが出来るところに所属して欲しい。

実際にメジャーでつぶれた才能や、合わなくて移籍、活動休止という名の引退などいろいろな事案があったし、逆に実力不足なのに担ぎ上げられて苦労している人もいたし。

強いて言うなら実力や認知度が

相当上がってきてから

なら、メジャー契約もアリだとは思うが…

 

アイドルとアーティスト。

今はアイドルが力を持っている時代なのは明白だ。

実際はそんなに厳密に境目を考える必要はないと思うけど、アーティストと名乗るならアイドルとは違った覚悟は必要だと思う。

アイドルと同じ土俵にアーティストが立つべきではない。

アーティストと言いつつ戦い方がアイドルになっている人が多数いる。

だから認知が低くなっているのだと思う。※一部強者がいるけど…

棲み分けした…もしくは「共存」するのが良いのかな?

いずれにしても別な存在であるはず。 

そういう存在感を見せるパフォーマンスなり、行動なりが必要だと思う。

 

そう言えば声優+アニソンの勢力も強いのを忘れていた。

声優さん達はそれはそれでジャンルが違う気もするが…アイドルに近い気もする。

なかなか明確なラインを引くのは難しいかな?

アイドル

声優

アーティスト

アイドルと声優(アニソン)のジャンル自体は好みではないが、それでも、いろいろ見てきて個人で見た時に、アイドルでも声優でも「良いと思える人」はいた。

結局は細かいジャンルは気にするだけ時間の無駄で、なおかつ、アーティストとしてこだわって活動するのは、実はかなり厳しい時代なのかも知れない。

だからこそ、今の時代にこだわって活動する人にとても惹かれるという事はあるのだが。

 

娘がHey!Sey!Jump!のファンクラブへ入会したので、今後のプロモーションを気にしていこうと思う。

それに加えて、ますますメジャー以外で活動している歌手の応援がしたくなった。

ただ、メジャーとかインディーズとかそういう事を超越している歌手もいて、完全にメジャー否定には至らないのだけど…

 

結局は相性の問題だって話かな?

 

私は女性シンガー

妻はEXILE TRIBE

娘はHey!Sey!Jump!

私が好きではないジャンルを妻と娘が好きなのが何となく寂しい…