シンガー…邦楽女性編…

May j.さんは歌が上手いと思っていますが、実際はどうなの?から始まりました。個人的な感想で女性歌手について書いている私なりの応援ブログです。

実写版アラジンのおかげで久々に映画を見たくなった…番外編…

ドラマや映画をあまり見なくなってから何年たったのでしょうか?。

今の日本のドラマや映画を見る気持ちにはなかなかなりません。

妻や娘が見ているドラマを中途半端に目にする程度で判断するのは気が引けるのですが、見たいとは思えない事が多いです。

面白かった言ってすぐ思い出せるのは

コウノドリ

というドラマで、Uruさんの歌がマッチしていてとても感動した事を覚えています。 

…結構前のドラマでしたが。

最近は印象に残るドラマは無いです。

そうは言ってもドラマを好んで見る訳ではなく妻と娘が見るドラマが目に入ってくるだけなのですけど。

奇蹟

奇蹟

  • Uru
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

コウノドリ」も同様で妻が見ていたのをのぞき込んだらそのまま惹きつけられたドラマでした。

全てとは言わないですけれど、良いものは人を惹きつける力があるという事なのでしょう。

何となく言われれば思い出す程度のドラマが多くて、記憶に無い訳ではないですがドラマ全般に対して印象は薄いですね。 

映画は…いつから見ていないのかすら記憶にないぐらい最近は見ていません。

息子が見ていたハリウッド映画や、娘が小学生ぐらいに見ていたポケモンやコナンの映画を見ていた記憶はあるのですけれど…

そう言えば地上波で

「8年越しの花嫁」

を見て感動したのは思い出しました。

www.youtube.com

www.youtube.com

 「事実は小説より奇なり」なのでしょうね。

「創作」で如何に楽しめるかがドラマや映画の本質なのでしょうけど、実話を上手く演出したドラマや映画の方が好きかも知れません。

 

そんなドラマにも映画にもほとんど興味がない私ですが、最近家庭教師先の男の子から

アラジンの実写化

の話を聞きました。

ウィル・スミスが出演するとその子が騒いでいて、確かに

ウィル・スミスが魔人ジーニー役なんて面白すぎる

という事で家に帰ってすぐに家族で話題にしました。

娘が

「ウィル・スミスが出演するだけで面白いに決まってる」

と言ってましたけど、それも言い過ぎではないな、と。

そうだよね、外れはないよね。

と話は合わせておきましたけど

「I am legend」

で前半のドキドキする展開からの後半の間に合わせ感にガッカリした事は黙っておきました。

「MEN IN BLACK」

は間違いなく面白かったですからね。

その話の流れから

「この人が出ると確実に面白いって分かる事はあるよね?」

という話題になり

天海祐希が出演すると面白い」

と妻が言いました。

私は…と考えましたけど

「日本のキャストは事務所の力関係が見えてくるから嫌い」

「日本の人気は実力とは関係ないからね」

とまた余計な事を言ってしまったようです。

キャスティングを見た段階で見る気にならない作品が多くて

事務所の力に屈しているのか

失敗したくないから人気者をキャスティングしているのか

何故???

そう思う事が少なくありません。

まあ、だったら見なくてもいいよね…

そう思って検討する気にもならない訳です。

そんな話で場が盛り下がってしまいました…毎度のことながら反省です。

反省と言えば少し前に騒がれていた

「カメラを止めるな」

は見ていない事は反省しなければいけません。

無名キャストで低予算で爆発的な人気になった作品

というのは大好物なのですけど、そもそも日本の映画に興味が湧かなくなっていたので反応するのが遅れました。

上映中から「面白い」と話題になっていたのを知っていたのにも関わらずです。

春名風花さんのツイートで見た時に興味を示すべきでした…

そうなってくると妙な意地が出てきてしまって、「今更見るのが嫌」という謎の感情も出てきてしまって、先日の地上波での放送も見逃してしまいました。

…まあ、これは単純に放送日を把握していなかっただけなのが理由ですけれど。

ほとぼりが冷めてきたころに思い出したらこっそり見る事にします。 

 

話が逸れてばかりで申し訳ございません。

そういう訳でウィル・スミスが魔人ジーニーを演じている予告動画を見ました。

いや~楽しみでしかありませんでした。

www.disney.co.jp

もう静止画を見た時点で素晴らしく適役だと思いました。

予告動画で動きやセリフが入ると面白さがさらに増し、それに加えて迫力のあるアクションや壮大な演出が期待感を煽ってくれます。

実写化によって生まれる「ガッカリ感」は全く心配なさそうなので、昔から知っているアラジンがどのようになるのかとても楽しみです。

実写版アラジンの日本公開は2019年6月

…個人的にはタイミングがあまり良くないですけど、人気が出て公開期間が長くなる事を期待しています。

ちなみに日本版の主題歌は誰が歌うのでしょうね?

気になったので探してみましたけど、2019年3月時点では良く分からなかったです。

決まってない訳はないと思いますが、3か月前ではまだ発表しないものなのでしょうか?

「A whole New World」 

ホール・ニュー・ワールド

ホール・ニュー・ワールド

  • provided courtesy of iTunes

思い出したら頭の中で流れてきました。

ホール・ニュー・ワールド (新しい世界)

ホール・ニュー・ワールド (新しい世界)

  • provided courtesy of iTunes

これがアニメの主題歌で合っています?

さすがにこのクラスの曲はたくさんの人が歌っているようですね。 

 

この歌を聴けばアラジンのアニメは息子が小さい頃よく見ていたことを思い出します。

6月はなかなか時間が取れないですが何とか時間を作って見に行ければ良いな…