シンガー…邦楽女性編…

May j.さんは歌が上手いと思っていますが、実際はどうなの?から始まりました。個人的な感想で女性歌手について書いている私なりの応援ブログです。

May j.さんの過去の曲の話が変な方向に着地した。

私は多分

「熱狂的に誰かのファンになる事はない」

そんな気がしています。

May J.さんは歌手として好きですけど、それでもやっぱり好きになれない曲はあります。

だから、MJFさん達とは感覚が違う気がしていてMJFになるにはためらっています。 

kmm295.hatenablog.com

まあ、多分それはMay j.さんの歌を聴いた期間が浅いので、その事でも気が引けているというのもあるかも知れません。

なので、今回は過去をざっくりと振り返ってみます。

 

「FYI」…2011年発表

某カラオケ番組出演が2012年~と考えると、あんまり知られずに埋もれてしまったの曲なのでしょう。

聴きたくなる曲なのでちょっと残念です。 

FYI

FYI

  • provided courtesy of iTunes

 

そして2013年に「let it go」がありまして・・・ 

 

「So Beautiful」…2014年

このCMソングは当時良く流れていた印象です。

「生まれ変わる~」ってのが化粧品のCMにはピッタリだと思います。 

So Beautiful

So Beautiful

  • provided courtesy of iTunes

 

「Sunshine Baby」…2014年

これを知ったのは去年で、CMソングだって知ったのはついさっきです。

昭和の歌謡曲の雰囲気があるのこの曲はなんかスルメみたいです。 

Sunshine Baby!

Sunshine Baby!

  • provided courtesy of iTunes

 

「ふたりのまほう」…2015年

多分好みは分かれると思いますけど私は好きです。

ガンダムシリーズのオープニング曲で、確かにオープニングって感じの曲で良いと思いますが… 

ふたりのまほう

ふたりのまほう

  • provided courtesy of iTunes

 

「Sparkle-輝きを信じて-」…2015年

これはMay j.さんが歌う曲の中で名曲だと思っている中の一つです。

これぞディズニーソングと言える王道の曲です。 

Sparkle -輝きを信じて-

Sparkle -輝きを信じて-

  • provided courtesy of iTunes

 

「shine」…2017年

この曲の歌詞が全部好きです。

「つまずいても 大事なのは 立ち上がる事」

May J.さんに言われるなら納得します。 

Shine (Japanese Ver.)

Shine (Japanese Ver.)

  • provided courtesy of iTunes

 

勝手なイメージですけどMay J.さんはR&B時代を過去の話にしてしまったのでしょうか、今もR&Bの新曲だしても良いと思いますけどね。

 

ざっくりしか聴いていないので全てを網羅していないですけど、過去曲にも良い曲ありましたね。

まあ、過去のリリースですけど聴いたのは最近ですので、私の中では全て新曲のような感覚ですけど。

昔のようにCDしか無かった時にはこんなに気軽に過去曲を購入できなかったのですが、今は家にいながらダウンロードできてすぐに聴けるので良い時代になりましたね。

 

でも、May j.さんの過去曲をいろいろ探してみましたが、なかなか「売れそうな曲」は少ないですね。

私はMay J.さんのライブ動画を見て好きになったので、自分で積極的に知ろうと思っていろいろ聴いていますけど、そうではない人がその曲に惹きつけられますか?という疑問はあります。

ライブが良かったかどうかは歌手の力ですけど、音源を聴きたいかどうかは総合力で、総合力で人を惹きつけることができなければ、やっぱり「信者受け」と言われて終わってしまうのでしょうね。

あくまで私の感覚での話ですが、May J.さんが歌っている曲は、総合力が不足しているものがほとんどだと感じています。

私が今パッと浮かぶ

「打上花火」

と比べれば分かりやすいかも知れません。

旬は過ぎてる曲ですけどまだまだ人気は衰えていないようです(2018年1月時点)。

DAOKOさんの声質と米津玄師さんの作詞作曲センスがとてもマッチして、そして一瞬で惹きつけるキラーフレーズもあり、それでいて最後まで聴きたくなる良曲です。 

打上花火

打上花火

  • DAOKO×米津玄師
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

映画の事はよく分かりませんが、それでもこの曲を聴きたいと思う人が多いのは納得です。

「パッとひらいて~」の箇所が本当に心奪われてしまいました…

それとは逆にMay j.さんの曲は、一瞬の瞬発力ではなくて息の長い曲が特徴なので、好きになれれば良さが分かるのですけどね。 

 

それでも、「自分が良い」と思った曲だけではなく、たまには「世間が良い」と思っている曲を「好きな歌手」が歌って欲しい願望はあります。

May j.さんにとってそれが今のところ

「Let it go」

だけだったという話かも知れませんね。

…あくまで私が聴いた曲の中では、という話ですが。

個人的に

「Faith」

がかなり良い曲なのですけど世間の評価はそうでもなさそうです。

…そもそも認知度が低いだけなのかもしれません。 

Faith

Faith

  • provided courtesy of iTunes

 

ここ数か月様々な歌手を見てきて、確かに歌手というジャンルはアイドルに押され気味ではありますが、May j.さんはまだ良い方なのでは…と思うようになりました。

個人的にはもっと「売れても良い」と思いますが、それなりに固定ファンが多そうですから。

twitterのフォロワー数30万人以上は、そう簡単ではないのは様々な歌手のフォロワー数から見て分かりました。

それだけが全てではないですけど、フォロワー数が多いということはそれだけ受け入れられている事なのは間違いないです。

ちなみに、

「有名人」は100万人超えるようです。

西野カナさんがそれぐらいです。 

 

最初に「誰かの熱狂的なファンになれない気がしています」と言いましたが、そんな私が今求めているのは

「心を動かされる歌」

を聴きたいという事です。

それは

感動なのか

心が躍るのか

上手い歌なのか

ハッキリはしていませんがある程度言えるのは

「この歌手の歌を聴きたい」

そう思える歌手の歌を聴きたいって事です。

それは

「生歌が上手い歌手」

もしくは

「共感や尊敬が出来る歌手」

「応援したくなる歌手」

が歌う歌です。

しかし、歌手が誰かにこだわる事はしたくなくて、曲が良ければ聴く可能性は全然ありますし、欲しくなれば購入もします。

好きになる歌手の傾向はありますけど、歌に関してはフラットな感情で聴きたいです。

好きな歌手を無条件に絶賛する気もなくて、好きな曲は好きだし、嫌いな曲は嫌いのスタンスでいます。

そういう私みたいな人は多数派なのか、少数派なのか分かりませんが、私は私のスタンスで出来る限り多くの歌手の歌を聴きたいです。

多分、そういう私だからだと思いますが

「ファンを固定化したくて、すぐに囲おうとする戦略」

にはすぐに引いてしまいます。

固定ファンは固定ファンで大事にして欲しいと思いますけど、私のような歌にしか興味ないファンの微妙な距離感を壊さないようにしてもらえれば嬉しいです。

 

アイドルってやっぱり強いってなってしまう今の時代ですが、トップにいるアイドルはそれだけのことを、所属事務所もレーベルももちろん本人もやっています。 

kmm295.hatenablog.com

過去記事にも書いていますが、Hey!Sey!Jumpのファンクラブは

入会金1,000円・ 年会費4,000円

という金額はもちろんですが、

会員特典が

会員証・会報・チケット優先予約・メール伝言板サービス

これだけというのが素晴らしい。

これならライトなファンでも気軽にファンクラブに入会できるので、それだったら私でも入会したくなります。

確かにジャニーズの場合なので、同じことを簡単には出来ないかも知れませんが、それぐらいシンプルな方が私は好きです。

特典が多ければ入会したいとは限りません。

シンプルで良い人もいるというのが分かってもらえれば嬉しく、極論を言えば会員証とチケット優先予約だけでも良いです。

歌を聴きたいと思う歌手なら、ですけどね。

 

そのようにアイドルの「売り方」に学ぶべき点は多いと思いますけど、それはあくまでセールスの話。

パフォーマンスまでアイドル化して欲しくはないです。

実際、アイドルなのかアーティストなのか立ち位置が不明な歌手が多いですけど、それが悪い訳ではなくて、個人的に好きではないってだけですが。

どちらが良い悪いではなくて本人の覚悟の問題なのだと思います。 

kmm295.hatenablog.com

 

いろいろ書きましたが、結局のところ本人が好きなようにやればよいのです。

 

私は私がアーティストだとおもう歌手の歌が聴きたいです。