女性シンガー評価…超個人的主観…

May j.さんは歌が上手いと思っていますが、実際はどうなの?から始まりました。私の個人的な主観で女性歌手を評価するブログです。マイナーだけど生歌が上手い歌手を見つける事に喜びを感じています。

いろいろ考えたらアイドルと歌手の境目が分からなくなった話

私は多分

「熱狂的に誰かのファンになる事はない」

そんな気がしています。

May J.さんは歌手として好きですけど、それでもやっぱり好きになれない曲はあります。

May J.さんのファンになったと思っていますけど、MJFさん達とは感覚が違う気がしていましてMJFになるには躊躇しています。個人的な感覚ではMay J.さんの凄い所は、曲が好みでなくても生歌なら何でも「良い曲に聴こえてしまう」所です。音源で聴くと凄さが伝わらないので、それが思ったより良さが分かってもらえない原因の一つになっている気がします。

「生歌の方が良い」って言われることが多いのが、そういう事なのでしょうね。

ただ、与えられた仕事に全力を尽くす姿勢は素晴らしくて、苦労したR&B時代から某カラオケ番組に出演して知名度が上がり、そういう経験を経て可能性が広がったって事なのだと思いますけど、一つのジャンルに固執しない姿勢も結構好きです。

ちなみに知名度が低いR&B時代をリアルタイムで知らないですけど、今聴いても良いと思える曲はあります。

今でもそっち系の曲を出しても良いとは思いますが…

 

「FYI」…2011年発表

某カラオケ番組出演が2012年~と考えると、あんまり知られずに埋もれてしまったの曲な気がします。

ちょっと残念です。 

FYI

FYI

  • provided courtesy of iTunes

 

そして2013年に「let it go」がありまして・・・ 

 

「So Beautiful」…2014年

このCMソングは当時良く流れていた印象です。

「生まれ変わる~」ってのが化粧品のCMにはピッタリだと思いますが、本人出演はしなくても良かったかも… 

So Beautiful

So Beautiful

  • provided courtesy of iTunes

 

「Sunshine Baby」…2014年

これを知ったのは去年で、CMソングだって知ったのはついさっきです。

昭和の歌謡曲の雰囲気があるのこの曲はなんかスルメみたいです。 

Sunshine Baby!

Sunshine Baby!

  • provided courtesy of iTunes

 

 

「ふたりのまほう」…2015年

多分好みは分かれると思うけど私は好きです。

ガンダムシリーズのオープニング曲で、確かにオープニングって感じの曲で良いと思いますが… 

ふたりのまほう

ふたりのまほう

  • provided courtesy of iTunes

 

「Sparkle-輝きを信じて-」…2015年

これはMay j.さんが歌う曲の中で名曲だと思っている中の一つです。

正にディズニーソングと言える王道の曲です。 

Sparkle -輝きを信じて-

Sparkle -輝きを信じて-

  • provided courtesy of iTunes

 

 

「shine」…2017年

この曲の歌詞が全部好きです。

「つまずいても 大事なのは 立ち上がる事」

May J.さんに言われるなら納得します。 

Shine (Japanese Ver.)

Shine (Japanese Ver.)

  • provided courtesy of iTunes

 

勝手なイメージですけどMay J.さんはR&B時代を過去の話としている気がしています。

今もやっても良いと思いますけどね。

 

ただ…

全てを網羅していないですけど、May J.さんの歌っている曲の中には、爆発的ヒットをイメージできる曲はない気がしています。

何故ならライトユーザーが反応し難い曲ばかりな印象があるからです。

私はMay J.さんのライブ動画を見て好きになったので、自分で積極的に知ろうと思っていろいろ聴いていますけど、そうではない人がその曲に惹きつけられますか?という疑問はあります。ライブが良かったかどうかは歌手の力ですけど、音源を聴きたいかどうかは総合力だと思います。総合力で人を惹きつけることができなければ、やっぱり「信者受け」で終わってしまうのでしょうね。

あくまで私の感覚での話ですが、May J.さんが歌っている曲は、総合力が不足しているものがほとんどだと感じています。

私が今パッと浮かぶ「打上花火」と比べれば分かりやすいかも知れません。

旬は過ぎてる曲ですけどまだまだ人気は衰えていないようです(2018年1月時点)。

DAOKOさんの声質と米津玄師さんの作詞作曲センスがとてもマッチして、二人とも好きな歌手ではないけど、それでもこの曲は良いと言わせる良い曲です。 

打上花火

打上花火

  • DAOKO×米津玄師
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

一瞬で惹きつけるキラーフレーズもありますし、この曲を聴きたいと思う人が多いのは納得です。「ぱっとひらいて~」の箇所が本当に心奪われてしまいました…

そうは言ってもMay j.さんの曲は、一瞬の瞬発力ではなくて聴けば聴くほど病みつきになる、息の長い曲が特徴ではあるのですけど。 

 

「自分が良い」と思った曲だけではなく、たまには「世間が良い」と思っている曲を「好きな歌手」が歌って欲しい願望はあります。

May j.さんにとってそれが今のところ「Let it go」だけだったという話かも知れませんね。

個人的には「Faith」がかなりいい線いってる気がしますけど、世間の評価はそうでもなさそうです…そもそもそんなに知られていないとは思いますが。 

Faith

Faith

  • May J.
  • サウンドトラック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

ここ数か月様々な歌手を見てきて、確かに歌手ってジャンルはアイドルに押され気味ではありますが、May j.さんはまだ良い方だという気はしています。個人的にはもっと「売れても良い」って思いますが、それなりに固定ファンが多そうですから。

twitterのフォロワー数30万人以上ってのはそう簡単ではないのは、様々な歌手のフォロワー数から見て分かりました。それだけが全てではないですけど、フォロワーになりたい人が多いってことはそれだけ受け入れられている事なのは間違いないです。

ちなみに、

100万人超えれば「有名人」

である事は間違いないなさそうですが。

 

 

冒頭で「誰かの熱狂的なファンになれない気がしています」と言いましたが、そんな私が今求めているのは

「心を動かされる曲」

を聴きたいという事です。

それは

感動なのか

心が躍るのか

歌唱力なのか

完全に基準化できてないけれどある程度はっきりしているのは、

「この歌手の曲を聴きたい」

そう思える歌手の曲を聴きたいって事です。

それは

「歌が上手いと断言できる歌手」

もしくは

「共感や尊敬が出来る歌手」

「応援したくなる歌手」

が歌う曲である事です。

歌手関係なく曲でっていうのはよっぽどの神曲でなければ購入はしません。

でも、好きな歌手を無条件に絶賛する気もなくて、好きな曲は好きだし、嫌いな曲は嫌いのスタンスでいます。そういう私みたいな人って多数派なのか、少数派なのか分かりませんが、いずれにしても固定ファンを増やす事と、私みたいに流動的なファンの心をつかむ事の、両方が必要な気がしています…「売れる」を目指すならですが。

そしてそんな私は、「ファンを固定化したくてすぐに囲おうとする戦略」にはちょっと引いてしまいます。その為にどうするかって事になりますが、それがやっぱり「タイアップ」してより多くの人に知ってもらうって発想になるかも知れませんね。

TV離れは今後も加速していくことを考えると、それだけで良いのかは不明ですが…

それに「タイアップ」はいろいろな制限もありそうですし、やっぱりそれは大手の方が有利な気もしますしね。

 

そうするとアイドルってやっぱり強いってなってしまう今の時代ですが、トップにいるアイドルはそれだけのことを、所属事務所もレーベルももちろん本人もやっています。だから、それに対抗するのはなかなか難しいとは思いますけど、それでも安易に「アイドル化」しないで、歌で勝負している歌手を応援したいです。

 

と、そこまではアイドルと歌手は別物として考えてきましたが…

そんな歌手は誰?って考えたところから、ちょっと疑問が出てきました。

 

アイドルの要素が全くないって断言できる歌手を見つけられません。※女性歌手の話

もしかしたら、歌手も人気商売であることを考えると、多かれ少なかれアイドルの要素が必要なのかも知れなくて、アイドルとは完全に別って言えないのかも知れないのです。

結局は「何で勝負するか」だけの違いなのかも知れません。

 

アイドルとか、そうでないとか、そういう事を考える時点で

根本が間違っているのかも知れません。