シンガーを探すブログ…邦楽女性編…

May j.さんは歌が上手いと思うが、日本ではどのレベル?から始まったブログです。個人的な感想で女性シンガーについて書いている私なりの応援ブログです。

気になる歌手…しらいしりょうこさん…「私の彼は左四つ」

えっ???

そんな切ない感じでこんな歌詞なの?…これってあり?

別な意味で衝撃を受けました。

ピアノ女子のしらいしりょうこさんは相撲は好きのいわゆるスー女です。

※ピアノ系弾き語り=ピアノ女子…やっぱりそう言っているのですね。

とは言え、どのような気持ちでこの曲を創ったのでしょうか?

否定したい訳ではなく純粋に気になります。

やっぱり相撲愛が強いだけという事なのでしょうか…?

 

まずは聴いて欲しいですね。

なかなかインパクトがある曲です。

ウケ狙いなんて微塵も考えてないんでしょうけど、それがまた面白いのです。

…ちなみに「笑える」って事ではなくて、「どこか気になる曲」という事です。

 

「私の彼は左四つ」

私の彼は左四つ

私の彼は左四つ

  • provided courtesy of iTunes

タイトルから受けた印象はもっとふざけた感じかと思ったら、そうではなくて思いの外しっかり歌っています。

そして、それがまた逆に良かったです。 

 

「決まり手82」 

決まり手82

決まり手82

  • provided courtesy of iTunes

決まり手を延々とつなげた歌詞を、まるで別れの曲かと思うぐらい切ない感じで歌っています。

どんなテンションで聴けばよいのか…

ピアノの演奏がまた切ない音色なんですよね…

 

「相撲の歴史」

相撲の歴史

相撲の歴史

  • provided courtesy of iTunes

タイトルそのままの詞です。

純粋に相撲の歴史を歌い、かつ、神聖な雰囲気が醸し出ています。

 

この3曲を聴いた人がどんな反応するか気になります。

だからより多くの人に見つかってくれれば良いのに…

 

ちなみにしらいしりょうこさんの活動期間はイマイチ不明です。

※2020年に久々に検索してみたら15th anniversaryとtwitterのアカウントにありましたから活動15周年という事でしょうか…?

ピアノ女子という事もあり通常はスマートな感じの曲がメインのようで、相撲シリーズ以外はこのような感じの曲は無かったように思えます。

多分これが通常です。

 「final approach」

final approach

final approach

  • provided courtesy of iTunes

なかなか良い曲な気がして個人的には結構好きになれそうなのですが、今回は相撲シリーズのインパクトが強くてあんまり耳に入ってきませんでした。 

なお、詳細は

しらいしりょうこ 相撲」

で検索するといろいろ出てきますので、ぜひ探してみてください。
※作曲提供は白石玲子でしています。白石涼子さんとは別人なので要注意。

 

いや~やっぱりインディーズって面白いですね。 

応援したくなったり

面白い曲だったり

もちろん実力がある歌手もいて

メジャーにない魅力がたくさんあります

以前はメジャーにいる方が

「何となく良い」

そんな気がしていましたけど考え方次第でしょうね。

インディーズには独特な味があって面白い

そんな気がします。

あまりメジャーとインディーズを気にしたことはなかったですが、インディーズにはインディーズの魅力があるという事が分かりました。

 

個性的だったり実力があるアーティストは、大手には所属しない方が良さが消えずに活動出来るのかも知れませんね。

大手だったら出来ない事の方が多いイメージですから。

大手はアイドルグループかそれに近い系統か、もしくはレーベル主導で活動出来るアーティストが良いのではないでしょうか?

枠に収まらない人は大手じゃ続かない

…と言うか

大手じゃ扱いきれないが正解かな?

そうも思ってしまいます。

 

しらいしりょうこさんの話に戻ります。

しらいしりょうこさんから受けるイメージは「本格派」です。

それなのに相撲シリーズ含め若干独特な味が出てきているのは、やっぱり積み重ねたものがあるからなのでしょうか?

いずれにしても、この相撲シリーズが無かったらしらいしりょうこさんには、

興味が湧かなかったかも知れません。

でも…今後はちょっと気にしてみます。

 

しらいしりょうこさんは1977年生まれで、この年齢で音楽活動を続けられているというのは「何か」を持っているという事でもあると思います。

いろんな歌手を見てきて20代中盤~30代前半が歌手としての一つの山であるような気がしていて、実際にその辺りの年代で引退や活動休止が多いですから。

実際に「生歌上手い」くベテランらしい安定感もありますから、本人のモチベーションさえ続けば活動できるだけの下地はありそうです。

ふとtwitterのプロフィールを見てみたら

しらいしりょうこ (@ryokoshiraishi) | Twitter

「鉄拳2・鉄拳タッグトーナメント2のエンディング曲も歌ってます」

…とありましたので検索してみたら、やっぱりしらいしりょうこさんにも物語ってありまして

「事務所を辞めて一人で音楽活動…」

とありました。

このようなキーワードが出てくると気になってしまいます。

鉄拳タッグトーナメント2 エンディング曲」

で検索すれば、しらいしりょうこさんのブログにたどりつけますので、そちらをご覧ください。

ameblo.jp

と言いつつリンクを張っておきます。

 

これが鉄拳2でのしらいしりょうこさんの曲です。 

Landscape Under the Ghost -Kaminano

Landscape Under the Ghost -Kaminano

  • provided courtesy of iTunes

20年ぐらい前の話?仕事がない時の唯一の音楽の仕事がこれだったそうです。 

しらいしりょうこさんの名前も出てきてない仕事なんですね…

 

 では 

「私の彼は左四つ」

「決まり手82」

「相撲の歴史」

この中のどれか一つを買う事から始めてみましょうか。