女性シンガー評価…超個人的主観…

May j.さんは歌が上手いと思っていますが、実際はどうなの?から始まりました。私の個人的な主観で女性歌手を評価するブログです。マイナーだけど生歌が上手い歌手を見つける事に喜びを感じています。

涙がこぼれる歌④…そう言えばこれもだった…トイレの神様/植村花菜

ここでさらっと載せただけでしたね。kmm295.hatenablog.com

 

植村花菜さん

トイレの神様

トイレの神様

トイレの神様

  • provided courtesy of iTunes

  

確かに今さらな歌ではありますけどね…

でも、これは私にとっては今だからこそ泣ける歌なんです。

若い頃には聴いても何とも思わなかったですけど、実際に祖母が亡くなった後に聴いたら涙がこぼれてきました。

自分の祖母に対しての後悔を代弁してくれているみたいで、胸が締め付けられる思いです。

私も祖母の晩年の接し方には悔いが残っています。

そして死に目には会えていません。

それが一番の悔いです。

「もうそろそろ…」と言われて数週間頑張っていた祖母ですが、距離的に遠い所に住んでいた私はタイミングを逃し、結果亡くなってからしか行けませんでした。

そんな事もありこの歌は涙なくしては聴けません 。

 

そんな事とは関係なくても、やっぱり

実体験からくる気持ちのこもった歌

は、強く心に響くという事なのでしょう。

詞の内容と植村花菜さんの歌声との相性がとても良く、

歌の世界に引きずり込まれてしまいました。

おかげで10分近くある歌なのですが、時間の感覚は全く感じなかったです。

何かドラマでも見ている感覚にも近い気がしました。

 

まずは実際に聴いてくださいです。

そして各々が自分なりに感じてもらえれば良いと思っています。

過去の歌なので今さら私が語れることもないですし、そもそも自分が感動したことに御託を並べるのは、何となく浅はかな感じがして好きではないですしね。

聴く前に余計な先入観を持たずに、まっさらな状態で聴いて欲しいです。

 

聴いた人全てが共感できるとは思っていなくて、過去の私のように「聴いても何の感情も湧かない」人もいると思います。

それはそれで構いません。

けれど、年月が経って再度聴くと「とても心に響く」かも知れません。

事実私がそうなりました。

だからと言って「今この歌を聴いて何も感じない人」が、数年後に聴き直す機会があったとして…そもそも聴くことはないとは思いますが…どう感じるかは何とも言えません。

特に祖父母と暮らしていない人が多くなってきた印象があるので、この歌詞に共感できない人も増えてきているのかも知れません。

それでもこの「トイレの神様」を私は7年前に聴いたのですが、

今私の心に響いた歌でした。

ですので、流行り廃りに流されない普遍的な「名曲」、その中の一つのような気がしていますが、いかがでしょうか?

 

 ※2か月前に久々に聴いて涙がこぼれて、そして、この記事を書くにあたり再度聴きましたが、やっぱり変わらず涙がこぼれてきて評価は変わりません。