シンガーバンク…邦楽女性編…

May j.さんは歌が上手いと思っていますが、実際はどうなの?から始まりました。個人的な主観で女性歌手について書いている私なりの応援ブログです。

死ぬしかないと思っている子供たちへ…「いのちの森」う~みさん

今回は自分の好み…ではなくて活動に共感した動画です。

拡散希望との事でしたので…影響力がない私でも微力ながら応援したいと思いました。

未来の希望である子供たちが私より先に死ぬのは嫌で仕方ありません。

どうか一人でも多くの子供が死を選ぶ事を回避できますように…

 

う~みさん


♪う〜み『いのちの森』(ライブ)高知市民文化ホール

 


いのちの森PV3


「いのちの森」カヴァー002

 

「学校に行かない」選択肢を、辛くなった時の逃げ場を、準備してあげるのはもちろんですが、「学校に行かない」事を選択した後でも、夢を持ち、夢の実現の為に頑張れる道がある事も、伝えなければならないと思っています。

しかも、それは「特別なことではない」と分かってもらう必要も…

学校へ行かない=夢をあきらめるになる、そういう強迫観念にとらわれるとやはり「学校へ行かないこと」を簡単には選択できない人もいる事と思います。

・中学校へ行かなかったら高校へ行けない

・高校へ行かなかったら大学受験できない

・レールから外れたら生きていけない

そう思わせてはいけないと思います。

そして、本人が頑張りさえすれば、どんな道でも「夢」を目指せる状態でなくてはいけません。

その「道」を準備してあげるのが大人の役目だと思っています。

様々な経験が人生の糧になる事も伝えなければいけないと思っています。

 

立ち向かうべき事もあれば、回避するべき事もある

でも、最優先は自分の限界を考えて自己防衛する事

助けてくれる人はどこかにいる事

それは親なのか、兄弟なのか、先生なのか、それとも公的機関の人なのか、知人・友人なのか…

世の中確かに甘くはないけど、そんなに捨てたものではない事

一番大切なのは死んでは欲しくない事…

 

人それぞれ千差万別な理由があるとは思います。

どんな事情で死にたくなるかは理解してあげられるとは軽々しく言えません。

助けを求め辛いのは分かります。

それでも助けを求めてくれれば全力で力になります。

だから、自ら死ぬいう選択だけは選ばないで欲しいです。

 

死しかないと思うなら、その前に一度「死ぬ気で」何もかも捨てて逃げてみませんか?

 

ブラック企業で搾取されている人も同じですよ!