女性シンガー評価…超個人的主観…

May j.さんは歌が上手いと思っていますが、実際はどうなの?から始まりました。私の個人的な主観で女性歌手を評価するブログです。マイナーだけど生歌が上手い歌手を見つける事に喜びを感じています。

今だからこそ鬼束ちひろさんの「月光」

先月まで鬼束ちひろさんには全くと言って興味がありませんでした。

ここ数か月様々な女性シンガーの歌を聴いている中で、鬼束ちひろさんは最初そこまで生歌が上手くないと感じていましたので、あまり気にしていなかったです。

鬼束ちひろさんは現在に至るまではいろいろあったみたいで、私が最初見つけたライブ動画ではまあひどい歌声でした。

しかし、調べていくといろいろありつつも復活したようで、改めてしっかり聴くと凄い歌手だと思うようになりました。


鬼束ちひろ 故郷の宮崎でライブ(宮崎県日南市)

 

月光

月光

  • provided courtesy of iTunes

 

魂を削っているかのような歌い方で、正直狂気すら感じますが、言葉では言い表せないものがありとても惹きつけられます。

 

特に2000年発表の「月光」が17年経った今でも色あせてなくて、逆に今の世にしっくりきている正に名曲と言えるでしょう。

鬼束ちひろさんは歌唱力もあり、歌詞センスもあり、曲も含めてトータルで良いと言える数少ない歌手です。


鬼束ちひろ - 月光

歌詞の解釈云々は過去たくさんあったようですので、今更私ごときが語るのもどうかと思いますので歌詞には触れません。

ただ、一つ私にはこの歌から「希望」を感じるという事は言いたいです。

何故?と問われても答えは出せないですが、私には絶望だけで終わらない何かが心に入り込んできます。

本来の意図は創った本人しか分からないでしょうし、聴く人それぞれにいろいろな解釈が出来る歌ですので、もしかしたら聴く人それぞれに委ねられた曲なのかも知れませんけれど。

 

当時はさほど興味がなく、深く知ろうとしていなかった自分に後悔しています。

ただ、仮に当時聴いていても理解できたのかも疑問です…深みのある歌だというのは間違いないですが。

だから、ある程度の年齢を重ねて多少なりとも経験した今だからこそ、深く感情を揺さぶられているのかも知れません。

当時はこの曲の深みが分からない浅い人間だと言う事かも知れませんが… 

 

月光は鬼束ちひろさん本人が歌うのが一番良いですが、カバーで良かったのはRuneさんだけですね、今のところは。

 
月光 / 鬼束ちひろ (cover)

Runeさんはかなりカバーソングを歌っていますので、動画を検索してみるのも良いでしょう。

ちなみに今の私の一押しです。

「歌唱力が高いが、まだまだマイナーでこれからの歌手」を見つけた、この「私だけが知っている感」がたまらなく嬉しいです。

そんなRuneさんですが、この「月光」をこれだけ歌える歌唱力の高さが素晴らしいので、ぜひ聞いて欲しいと思います。

 

さて、鬼束ちひろさんに惹きつけられはするものの、ちょっとした怖さも感じさせてくれますので、もうちょっといろいろと情報を集めたいと思っています。

 

今まで語り継がれてる数々の奇行も、「程度が分からない」「何でもやりすぎてしまう」のが理由だそうで、今は周辺に「程度を教えてくれる人」が居るので普通に人前に出れる…という情報がネットにありました。

もしそれが本当ならなんだかかわいらしいですし、応援したくなります。

 

今後の活動を見守りたい歌手の一人です。

 

 

眩暈

眩暈

  • provided courtesy of iTunes

  

流星群

流星群

  • provided courtesy of iTunes

  

夏の罪

夏の罪

  • provided courtesy of iTunes