シンガー…邦楽女性編…

May j.さんは歌が上手いと思っていますが、実際はどうなの?から始まりました。個人的な感想で女性歌手について書いている私なりの応援ブログです。

今だからこそ鬼束ちひろさんの「月光」

2017年10月まで鬼束ちひろさんには全く興味がありませんでした。

鬼束ちひろさんは元々興味もなかったのもありましたけど、聴き比べを進めていく中でも酷い歌声の動画しか見ていなかったので、あまり気になる事はありませんでした。

後日調べてみた限りでは現在に至るまでには様々な困難があったみたいで、私が見ていた動画は、その影響でしっかり歌えていない時の歌声だったようです。

しかし、今はいろいろありつつも復活したようで、改めてしっかり聴くと凄い歌手だって事が分かりました。

やっぱり長く続けている歌手は簡単に判断できるものではないという事です。


鬼束ちひろ 故郷の宮崎でライブ(宮崎県日南市) 

鬼束ちひろさんの歌い方は魂を削っているかのようで、狂気や言い表せない迫力がありとても惹きつけられます。

鬼束ちひろさんは、歌唱力もあり歌詞センスもある、数少ないシンガーソングライターだと思います。

 

特に2000年発表の「月光」が17年経った今でも全く色あせていなくて、今の世にこそしっくりくる名曲と言えるのではないかと思っています。


鬼束ちひろ - 月光

月光

月光

  • provided courtesy of iTunes
月光

月光

ちなみに…

鬼束ちひろ 月光」で探したらたくさんの「月光」が出てきました。

いろいろなバージョンがあるのでしょうか…?

それとも名曲なのでいろいろなアルバムに収録されていただけなのでしょうか?

 

「月光」の歌詞の解釈云々は過去たくさんあったようですので、今さら話すべきことではないとは思っています。

ただ、一つ私にはこの歌から「希望」を感じています。

何故?と問われても答えは出せないですが、私には絶望だけで終わらない何かが見える感覚があります。

光が見えてくるような気がするのです。

本来の意図は創った本人しか分からないでしょうし、聴く人それぞれにいろいろな解釈が出来る歌詞ですので、もしかしたら聴く人それぞれに解釈を委ねられた曲なのかも知れません。

 

リリース当時は何となく曲は聴いた事があるとは思いますが、さほど興味がなく深く知ろうとはしていなかったので、「聞いたことある曲」程度の認識しかありません。

そんな自分に後悔する部分はありますが、18年前の私がしっかり聴いたとしても今のような感じ方をするのかはなかなか疑問です。

深みのある歌だと漠然と思う程度かも知れません。

もしかしたら、ある程度の年齢を重ねてきた今だからこそ、深く感情を揺さぶられているようになった可能性もあります。

当時はこの曲の深みが分からない浅い人間だったかも知れないですからね。

そう考えると、今のタイミングで出会えたのも何かの縁なのでしょう。

 

そう言えば18年前にこの曲をリリースした鬼束ちひろさんは今何歳なのでしょうか?

…「月光」のリリース時19歳、現在37歳…でした。

今まで鬼束ちひろさんの年齢を気にした事が無かったので思ったより若くてビックリ。

 

ちょっと話は逸れますが…

月光は鬼束ちひろさん本人が歌うのが一番良いですが、Runeさんが歌うのも素晴らしいです。

 
月光 / 鬼束ちひろ (cover)

月光 (cover)

月光 (cover)

  • provided courtesy of iTunes

Runeさんはたくさんのカバーソングを歌っていますので、動画を検索してみて欲しいですね。

ちなみに私の一押しです。

「生歌上手い歌手」

ぜひ、Runeさんの曲をいろいろ聴いて欲しいです。

 

鬼束ちひろさんの話に戻ります。

何とも言えない魅力がある鬼束ちひろさんに惹きつけられはするものの、ちょっとした怖さも感じています。 

ちょっとしたネット調べでの話ではありますが、今まで語り継がれてる数々の奇行も

「程度が分からない」

「何でもやりすぎてしまう」

それが理由だそうで、今は「程度を教えてくれる人」がそばに居るので、やり過ぎを抑える事が出来ているらしいです。

もし、それが本当だとしたらとても可愛らしいですね。

ただ、今までを良く知らないですし過去には興味が無く、気にするとしたらこれからの歌手活動がどうなるかです。

聴きたくなる歌を歌うかどうか、です。

だから、そこまで積極的になるとは思えないですが、今後の活動を気にしてみる事にしました。

 

なお、下記の曲も良い曲ですね。 

眩暈

眩暈

  • provided courtesy of iTunes

  

流星群

流星群

  • provided courtesy of iTunes

 

鬼束ちひろさんの記事を追加しました。(2018年8月22日) 

kmm295.hatenablog.com