シンガーバンク…邦楽女性編…

May j.さんは歌が上手いと思っていますが、実際はどうなの?から始まりました。個人的な主観で女性歌手について書いている私なりの応援ブログです。

「歌唱力」や「表現力」について考える。

「歌唱力」とは?

「表現力」とは?

かなり漠然ですが考えています。

 

歌唱力が高い

そこですぐ頭に浮かぶのがMay j.さんのこの動画です。

www.youtube.com

この動画は私の状態に関わらずいつ聴いても「歌唱力高い」と迷いなく言える歌です。

かなり何度も聴きましたが評価がブレる事はありません。

 

MISIAさんのこの動画も同じくです。

www.youtube.com

素晴らしい歌声です。

「歌唱力が高い」と言っても間違いはないでしょう。

 

この二つの動画は多分多くの人が「歌唱力高い」と共感してくれると思っていますが、実際はどうなのでしょうか…

全員同じ評価をする…とはさすがには思えないですけど。

 

そこで考えるのは歌唱力とは何か?という事です。

私は歌をその場に存在させる力、それが歌唱力なのだと思っています。

歌唱力がなければその歌の存在が不安定になり、観客が不安になったり、違和感を感じたりするのでしょう。

 

だからこそ歌唱力って絶対的なものだと思っていました。

曲の好き嫌いはあると思っていてもそこは共通の認識になると思っていました。

しかし、そこでふと気が付きました。

そもそも皆が同じ音を同じように聴こえているとは思えません。

自分でさえ聴こえ方がいつもと異なる日があります。

それでは判断がばらつきますよね…

 

歌唱力が高い…

それは結果の話なのでしょう。

歌手側は、歌い終わってみたら歌唱力が高い歌を歌えた。

観客側は、聴いてみたら歌唱力の高い歌が聴けた。

そういう事なのでしょう。

歌唱力が高い、とは儚いことなのかも知れません… 

 

最近いろいろ聴き比べしている中で植村花菜さんの「トイレの神様」を聴いたら涙があふれてきました。


トイレの神様(in小樽)/植村花菜

 

トイレの神様

トイレの神様

  • provided courtesy of iTunes

とても久々に聴いたのですが良い歌でした。

しかし、この曲が世間で騒がれていた頃は涙が流れることはなかったです。

年齢を重ねてきた今では、心境も変わり、感じ方も変わり、だからこそ心に響いてきたのでしょう。

つまりは、同じ一人の人間でも年齢や状況で感じ方が変わる、という事です。

 

では別な歌手が同じ曲を歌ったらどうなるのでしょうか?

同じく私は感動するのでしょうか?

これは予想の話ですが…仮に「表現力が高い」と言われている別な歌手が歌っても、同じようにはならない、そう思います。

実際試すことはしていないのですが…

今回の事は「トイレの神様」という曲の、詞とメロディーと歌声の組み合わせによって完成したとても高度な表現によってもたらされた結果である、といういう気がしてきました。

だから、歌手個人の表現力という話ではないように思えます。

つまり「表現力が高い」状態というのは歌手個人の力では達することが出来ない、そういう事だと思います。

評価は「歌がどのように聴こえるか」それによってしか判断されません。

技術である程度は向上できるような気がしますが、人を感動させる為には技術の向上だけでは到達できないような気がします。

 

では、どうすれば良いのか…

私が思うのは「曲との相性」を考えるのがまず必要だと思います。

歌詞との相性

メロディーとの相性

演奏との相性

曲の世界に歌手がどのように関われるか、そこが重要だと思います。

 

トイレの神様」という曲と植村花菜さんはかなり深いつながりがあるのは明白です。

自身の体験を元に想いを込めて作詞した曲だからです。

だからこそ自身の想いがにじみ出てきて人々の心に届く歌になったのだと思います。

 

しかし、そこで考えなければいけないのが、同じ歌手が同じ歌を歌ったのにも関わらず、私が涙が流れてきた時もあればそうではない時もあったという事です。

同じ表現をしたのにもかかわらず同じようには感じ取れなかった事実です。

先ほど「曲と歌手の相性を考える」とありましたが、それと同様に「観客との相性を考える」必要もあるのではないか、そうも思います。

 

つまりは歌手と曲と観客の相性が良くなって、ようやく素晴らしい表現が出来るようになるのだろうと推測しています。

そして、それは狙って出来るものではないのでしょう。

 

表現力を高める為には曲を読み取る力と場を読み取る力、そして自らがその世界に溶け込む力がまずは必要で、そして、そこに歌手としてどう影響するかを決める力も必要なのではないでしょうか。

歌手が独りよがりに発するだけではいけないという事です。

つまりは、歌手は歌の世界感を理解し、その世界に観客を引き込み、その世界の神として場に影響を与える力、それが表現力だと思っても良いのかも知れません。

 

そして、これも歌唱力の話と同じで、終わってみたら表現力が高い状態だった、そういう事なのでしょう。

 

また、歌唱力と表現力は切り離して考える話では無さそうです。

歌唱力は表現力を高めるための手段の一つ

つまり

表現力=歌唱力+理解力+影響力+α

そうなるのではないでしょうか…