シンガーバンク…邦楽女性編…

May j.さんは歌が上手いと思っていますが、実際はどうなの?から始まりました。個人的な主観で女性歌手について書いている私なりの応援ブログです。

「歌は上手さじゃない」って…事を考えてみる

歌は上手さだけじゃない

なら文句なく同感です。 

 

個人的には技術がある事にも感動しますけど、一般的に技術だけでは人の心を感動させられないのは、まぎれもない事実。

 

歌は上手さじゃない…???

 

ちょっと哲学的な話になりそうです。

 

仮にも「プロ」を名乗る音楽関係者が「歌は上手さじゃない」って言う事には違和感しかないです。

例え特徴的な声質であっても、詞・曲が良くても、最低限聴くに堪えうる歌唱力は必要だと思っていますから。

「前で歌わず音源配信だけ」が前提の話

なのでしょうか?

※いわゆるパフォーマーは話に含んでいません。

自分が下手だと思う歌を最後まで聴きく事が無いので分からないですが、仮に下手だと思う歌で感動する事が事があるのでしょうか?

自分が上手いと思っているけど、他人が下手だと思う…

という話ではなくて、自分が下手だと思う歌を聴いても感動できるかどうか、そういう話です。

私だったら「自分が下手だと思う」って思った歌はやっぱりダメだと思います。

聴く事に耐えられません。

歌以外の外的要因がよっぽどない限りは歌そのもので判断する訳になるので、やっぱり最後まで安心して聴く為に必要最低限の「上手さ」を求めると思います。 

強いて言うなら「可能性」を見せてくれる歌なら聴けますけどね。

 

確かに最終的には

好きか嫌いか

聴きたいか聴きたくないか

そうなるとは思いますが、最低限の歌唱力が無なければそれ以前の問題だと思うのです。 

 

ちなみに、ここ最近たくさんの歌を聴き比べていると、編集された音源でも違いが少しだけ分かるようになってきました。

編集技術が上がってもごまかしがきかない部分があるのでしょう。

何となく分かるようになってきました。

言葉ではなかなか説明し難いですが「違和感」を感じるか感じないかです。

個人的な感想ですが、「生歌上手い」と思う人はやっぱり「違和感」がなくてとても自然な感じで歌を聴けます。

やっぱり「歌手」と名乗るなら最低限度の歌唱力はあって欲しいと思います。

編集でごまかした音源は雑音にしか聞こえませんから。

 

だから

歌は上手さじゃない

という言葉は適切じゃないと私は思います。

くどいのかも知れませんが

歌は上手さだけじゃない

つまりは必要最低限の「上手さは必要」だと思います。

 

なお、歌が上手いと売れる売れないは別問題だ、というのも理解しています。

fumikaさんなんて「上手さ」だけで言ったらもっともっと売れても良いと思いますが、今のところ歌唱力に見合う「売れている」にはなっていないのが残念です。


2016.12.24 at Hakata Station fumika free live

上手くて鳥肌ものなんですけどね。

 

歌が上手くなくても売れます。

悲しいですけど現実的にはその方が多い気がします。

ただ、アーティストを名乗るなら「売れている」を正義にはして欲しくはない気持ちはあります。

売れている=歌が上手いではないので。 

しかし

何が判断基準で「歌が上手い」とするか

そういう問題があってそれがまた難しい話でもあります。

判断基準が不明確なので、曲の良し悪しや活動の方向性を、「売れる」or「売れない」で判断してしまうのも仕方のない話なのかも知れません。

そして、「売れる」で判断するなら「歌は上手さじゃない」って言葉を受け入れるしかないのかも知れない、とも思っています。 

ただ、納得はできないですけどね。

また、「お金を払ってでもこの人にやってもらいたい」と思われるのがプロです。

そういう考えからすると

「お金を払ってでもこの人の歌が聴きたい」と思われるのがプロの歌手

となる訳です。

そう考えると「売り上げ優先」するのも当然だとも思ってしまいます。

アーティスト側には「売れる」を優先した音楽に固執して欲しくはないと思っていますが、 プロとしての評価を「売り上げ」で判断してしまうのを間違っているとはとても言えないのももどかしいです。

 

岡崎体育さんのこの動画を見た時に何か答えが分かりそうだったのですが…


岡崎体育 『MUSIC VIDEO』Music Video

MUSIC VIDEO

MUSIC VIDEO

  • provided courtesy of iTunes

やっぱり分かりませんでした。

ただ、

音楽=楽しいもの

それを思い出させてくれはしましたが…

そう、音楽として楽しむなら歌の上手い下手は確かに全く関係ないですしね。 

 

上手い人の歌には何とも言えない価値があると思ってきました。

そして私はそれを聴きたいと思っています。

でも、音楽をやるからには技術を高めなければならない、それは違います。

音楽は誰もが好きに楽しんで良いもの。

何にこだわるのか、こだわらないのか、好きにして良いものです。

「歌は上手さだけじゃない」

「歌は上手さじゃない」

どちらが正しいという話ではなかった

そう思えてきました。

 

だから逆に

「上手さにこだわる」

のもアリです。

そして、そういう人は好きです。